朝風呂と夜風呂 どちらが頭皮に一番いいの?ちなみに一番よくないのはこれ・・・

朝風呂と夜風呂。

皆さんはどちらが頭皮に一番いいと思いますか?

習慣でやってしまっているあなたの間違った方法では

頭皮にとても大きな負担をかけています。shower

特に、間違った時間に頭を洗っているのだとしたらそれは

非常に危険なことです。

男性は、フケ、抜け毛、異臭の原因になりますので

注意が必要です。

今回はそんなお風呂の頭皮に関する情報をご紹介します(´-ω-`)

スポンサーリンク

朝シャワーは大丈夫なの?

夜遅くまで仕事に追われ、帰宅してすぐ寝てしまう。

そんな多忙な生活を送っている方は多いかと思います。

朝目が覚めれば目覚めの一発にシャワーを浴びて

汚れた頭皮を綺麗に洗いさっぱりとした状態で仕事に挑む!

心はリフレッシュされ気持ちを切り替えられるので精神面では非常に

良いことですヽ(・∀・)ノ

しかしこの習慣、頭皮を気にしているのであれば

今すぐにやめるべきです!

もし、一時の睡眠のために夜ではなく朝にシャワーを浴びているのだとしたら

ハゲる前に気づいてください。

朝、頭を洗うという危険な行為を・・・・・・

朝に髪を洗う危険性とは?

朝、髪を洗うとなぜ危険なのか?

そもそも、頭皮は薄い「皮脂」で覆われています。

この皮脂が外からの紫外線ホコリ雑菌などから私たちの頭皮を守ってくれる

いわばバリアです。

しかし、そのバリアも時間が経てば酸化し匂いを放つようになります。

そしてそのままにしていると痒み湿疹フケに繋がってきます。

なので頭皮を清潔に保つためにも古い皮脂は洗い流さないといけないので

私たちは常日頃、シャンプーをしているわけです(´-ω-`)

では、朝に髪を洗ってしまうと頭皮はどうなるの?

そこで本題です。

私たちの頭皮を守っている「皮脂」。

一度シャンプーをして皮脂を洗い流してしまうと

皮脂が元に戻るまでにおよそ6時間かかると言われています。

つまり、その6時間の間は頭皮が丸裸同然なわけです。

もし、夜に頭を洗っているのであれば

6時間以上は外に出ないことになるのでバリアが戻るまでは

外からの刺激に耐えることができます。

しかし、朝に髪を洗ってしまうと皮脂のバリアが元に戻る前に

外へ出てしまうことになるので外的刺激から頭皮を守れなくなってしまうんですね(´-ω-`)

それに、朝は何かと忙しいのでシャンプーよく洗い流さないでいる方、

多いんじゃないですか?

シャンプーが頭皮に残っていると頭皮はそれだけダメージを浴び続けます。

シャンプーの種類にもよりますが、大なり小なりタンパク質を分解する成分が含まれてます。

本来なら余分な皮脂や汚れを落とす洗浄成分なのですが、いつまでも頭皮に付着していると

炎症を起こしたり、抜け毛の原因、多くはフケの原因となります。

朝、忙しいからシャンプーのすすぎをないがしろにしている方は注意です!

このような積み重ねが結局は最後にしわ寄せとしてあなた自身に降りかかってくるんです。

「じゃぁどうしろってんだよ!」

と思いの方がいらっしゃるので回避策をご紹介します。

朝シャンしてもいいけどアフター忘れずに!

朝シャンのデメリットは「皮脂」の過度な除去です。

そして皮脂は回復するまでに約6時間かかります。

つまり、

「皮脂の代わりになるものをつけちゃえばいいんじゃね?」

そうです。

皮脂が回復する間は別のもので「皮脂の代用」をしてしまえばいいんですね。

例えば「椿油」

自然由来の油脂で頭皮全体を覆ってくれます。

ベタつきも少なく香りも微香性。

その他にもたくさんのケアアイテムが市販でうられてますね(´-ω-`)

図で見る朝シャンのデメリット&メリット

 

メリット デメリット
サッパリする 髪への過度な刺激
目が覚める 頭皮への過度な刺激
すすぎ残しの危険
皮脂膜の破壊
紫外線を直接浴びてしまう

これだけではないと思いますが大きく分けるとこれだけになります。

デメリットに関して言えばこの5つを引き金にフケや湿疹、抜け毛に繋がる要因になりうるので

知っておいたほうがよいでしょう(´-ω-`)

まとめ

いかがだったでしょうか?

朝シャンと夜風呂では頭皮に与えるダメージが大きく異なっていることを。

なるべくなら朝には入らず、夜しっかりと湯船に浸かることをオススメします。

日本人は昔から、夜は風呂に浸かって一日の疲れを癒してきました。

もしどうしても朝にシャワーを浴びたいのであれば、体や顔だけを洗うか

頭を洗ってもしっかり泡をすすいで洗い流し、ドライヤーで乾かした後

椿油などの、頭皮や髪を保護してくれるケア用品を使うことをオススメします。

コメント0件

コメントはこちら

*

Return Top