鼻水の成分って何!?止まらないんだけど!!!お答えします^^

174-620x350

だんだん寒くなってきたこの季節.

鼻かぜに悩んでいる人も多いかもしれません。

また、もう少ししたら花粉の季節になるので、花粉症で鼻水が止まらなくて困る!なんていうひとも多いはずです。

鼻水って本当にいろいろな場面で出ますよね。

風邪の時や花粉症の時はもちろん、泣いたときとか寒い場所にいる時などなど・・・

皆さんは、

「そもそも鼻水ってなんで出るんだろう?」とか、

「鼻水の成分ってなんだろう?」

なんて考えたことはありませんか?

ということで今回は、身近な疑問「鼻水の成分って何?」「鼻水は何で出るの?」というテーマを中心にご紹介していきたいと思います!

では、早速いってみましょう→

スポンサーリンク

 

鼻水の成分って何!?

 

Runny Nose

鼻水は、簡単に言うと体の中の水分です。

ほとんどが水分ですが、他にも体の中に入ってきた悪いものを殺すたんぱく質などの成分も含まれます。

鼻の中には粘膜があり、その粘膜から出てくる液体を鼻水と呼びます。

 

つまり↓

・鼻水!書いて字のごとく!

 

鼻水ってなんで出るの?

 

5138_NpAdvHover

実は鼻水は、何か特別な時に出るものではなく、いつも少しずつ鼻の中で出ています。(鼻くそはそれが固まったやつがほとんど!)

では、いったいなんのために鼻水はいつも出ているのでしょう?

例えば、人は息をするとき、当然鼻から息を吸っています。その時に空気と一緒にたくさんのほこりやごみなどの、体にとっては必要のないものも体の中に入ってきます。

その中には、肺など体の中に入ってしまうと病気になってしまうウイルスや菌など危険なものもたくさんあります。

ダウンロード (10)

これを止める働きをするのが鼻水です。

例えば花粉症の人が、鼻水が滝のように出て止まらなくなるというのを聞いたことはありませんか?

それは、体が外からたくさん入ってくる花粉という異物を外に出すために一生懸命になって、普段よりもたくさんの鼻水が分泌されているからなのです。

鼻水が出た時に、ズズッと吸い込んでしまうと菌を体の中に入れてしまうことになるので、きちんと鼻をかむように意識しましょう^^

 

ポイント↓

・鼻水は異物を出す役割がある!

 

寒いところで鼻水が出るのはなんで?

 

19bqa870k8wb6jpg

寒い外に長時間いると鼻水が出てくることってありますよね。

あれってなんでなんでしょう?

実は、鼻水をたくさん出すことで、体の中に入ってくる空気を鼻の中で暖めているんです!

 

「え?温める?どういう事?」

 

人間の肺は急に冷たい空気を吸い込んでしまうと、ダメージを受けてしまいます。

通常の体温は36℃前後なので、体の中にある温かい水分(鼻水)を冷たい空気にあてることで、できる限り体温に近い温度にして肺の中に空気を入れているのです。

口呼吸より鼻呼吸がすすめられているのは、これが理由です。

もし口で呼吸をすると、冷たい空気が暖められることなくそのままのどや肺に入ってしまうのです。

ぜひ、身体のために鼻呼吸を意識してみてくださいね^^

 

ポイント↓

・鼻水が肺とか守ってる!

 

最後に

 

いかがでしたか?

鼻水がたくさん出ると「めんどくさいっ!」と思ってしまいがちですが、体を守るために実は大切な役割をはたしていたんですね^^

鼻水に煩わされているときは、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね!

コメント0件

コメントはこちら

*

Return Top