結露対策の基礎知識!グッズを使う前に知っておきたい結露の原因と対策

ダウンロード (3)

暖房を使いはじめる季節になると、窓枠やドアなど、外気との境目にあるところに発生する「結露」に悩まされます・・・。結露をそのままにしておくとカビの原因になってしまうのはわかっているものの、ただでさえ寒い季節に窓際で朝から結露を拭き取る作業はなるべくしたくないのが本音!

とくに朝早く仕事に出かける人にとっては、「毎朝結露拭き」なんてやってる暇がない・・・というケースが多いと思います。

そこで、部屋の結露が発生してしまう前に、結露を防ぐ方法をご紹介します。どんな家でも実践できる方法をご紹介するので、結露に悩まされている人は、早速実践してみましょう→

スポンサーリンク

■結露はなぜできるのか?

 

窓ガラスを「ハァー」すると曇る原理

 

ちょっとここで想像してみてください。

窓ガラスを拭くときに息で「ハァー」と曇らせてから拭く、みたいなイメージありますよね?

images (5)

実はあのハァーと曇らせた窓ガラスと、結露した窓ガラスの原理は同じです^^

どちらも暖かい空気が冷たいガラスにぶつかって水滴となるのです。口で暖かい湿った息を吐くか、暖房器具や体温などで湿度の高い空間を作るかの違いです。

朝起きて窓枠の所が結露しているのは、夜や早朝に外気の気温が一気に低下することによって、それまで気体となっていた水蒸気が一気に液体になってしまうのが原因ですね^^

images (6)

という事は、部屋の中に水蒸気を溜めなければ結露も起こりません、が、空気中の水分をなくすことはまぁ不可能ですし、極度の乾燥状態は人間の肌や健康に悪い影響を引き起こすこともあります;

そこで、余分な水蒸気を発生させないように気をつけることがポイントとなるのです!

スープや味噌汁を作るときは換気扇を回す、また、お風呂を出た後は、お風呂場の換気扇を回すなどの対応が大切です。これなら、気をつければすぐに実践できますよね!

4d2b06e18342f58d0232b7dd6c8fa403_s

極力、自分でできる小さな対策をやっておかないと、いくら結露対策のグッズを使った所で、結露自体は減らないのですから・・・・・・。

 

日が当たらない所の風通しを良くしておこう

 

クローゼットや納戸は、窓がなく日光があたりにくいケースが多いと思います。日光があたらない部屋はジメジメする…と感じるのはそのとおりで、日光が当たらない事によって、その空間には湿気がたまっていしまっているのです。

ダウンロード (4)

この湿度が高い状態こそ、結露が発生する絶好の条件といえます。そこで、昼間などにはなるべくこのジメジメしやすいところの風通しを良くしてあげましょう。

最近の新築物件では、24時間換気機能が付いているケースが多いですが、ついていない物件もあるでしょう。そのような物件の場合には、その空間を締め切らずに扉を開けて、外の乾燥した空気と入れ替えをしてあげましょう。

gi-fresh-air

冬には少し厳しいかもしれませんが、数分でもいいので窓を開けて空気を入れ替えることもおすすめです。

 

■結露の原因となる行動を控えよう

 

ガスストーブや石油ストーブの使用を控えよう

 

ガスストーブや石油ストーブ、また、蒸気を出すようなストーブを冬に使っている人は、使用を控えてみましょう。きっと、それらのストーブを使っている時と比較して結露の量が抑えられるはずです。

a0022_000268

ガスストーブや石油ストーブは、部屋を温める時に蒸気を出しています。そのため、結露の原因となる水蒸気を自ら部屋にどんどん放っていることになるのです!まさか自分が結露の原因を作っていたとは!と思ってしまいますよね。

 

加湿器も結露の大敵

 

ここまで読んで頂ければ、加湿器が結露の大敵だということは十分わかるかと思いますが、あえてご説明したいと思います。加湿器は、空気中に水分を散布しています。そのため、結露の原因になってしまいます。

ダウンロード (5)

美容のため、また、乾燥した室内で風邪を予防するために加湿器を使っている人もいるかもしれませんが一様、覚えておきましょう。

 

最後に

今回ご紹介した方法を試してみれば、昨日まで悩んでいた結露が完全にピタッと止まった!とまではいかないまでも、かなり結露の量を減らしたり、防ぐ事はできます。

どれも特別にお金がかかる方法ではないので、結露を防ぎたい!結露を止めたい!と日々思っている人は、ぜひ試してみてください!

コメント0件

コメントはこちら

*

Return Top