耳鳴りの治し方!『キーン』『ボー』の原因をまとめてみたよ!

Tinnitus

耳鳴りが頻繁に続くと、

何をするにも集中できず日常生活に

支障をきたしてしましますよね。耳の中でずっと・・・・・・

 

「キーン」「ボー」「ピー」

と鳴り響いていると結構辛いものがあります。

ただ、耳鳴りのほとんどはある程度時間が経つと

消えちゃうので、病院に通って治療をしよう

という気には中々ならないものです。

しかし、耳鳴りには複数の原因が考えられ、

もちろん それぞれの対処法があります!

 

そこで今回は、「耳鳴りの原因と自分でできる民間療法治」

をグイグイっとご紹介します^^

 

耳鳴りで悩んでいる方は是非参考にしてみてください!

それでは早速いってみましょう→

スポンサーリンク

■耳鳴りの原因って何?

 

1、外的要因で起こる耳鳴り

 

耳鳴りの原因の一つが

 

「気圧の変化」

 

↑これです。

AL203elvdoki320140830110541500

例えば

  • エレベーターなどで急上昇
  • 急降下したり飛行機で離陸と着陸

こんな時に耳が詰まった感じになったりしますよね。

 

これは気圧の急激な変化によるもので、

体調自体には問題はありません。

 

簡単な解消法は

口を閉じ、鼻をつまんで息をぐっと吐いたり、吸ったりする

af7f4ca643311efb03065dbbc4dc7ef9_s

↑で解消することができます。

 

「知ってるし!」と思った方、

これをやっても治らないからこのサイトに

寄っていただいたかと思います。

 

そこで、次に2つの原因を紹介します!

もちろん、解消法もしっかりお伝えしますよ^^

[ad]

2、加齢が原因となる耳鳴り

 

人間は年齢を重ねるとともに

難聴気味なっていくことがあります。

 

その予兆として耳鳴りが続くことがあるのです。

若い時には全く耳鳴りを経験していなかったのに、

「最近年齢を感じるようになった」

と思っている方は徐々に難聴になっていっている

サインかもしれません。

 

耳の奥にある

「蝸牛(かぎゅう)」

cochlea

と呼ばれる器官の働きが衰えることによって

起こっているので老化現象の一種

ということになります。

 

この場合、耳鼻科での検査をオススメします。

 

3、精神的なストレスが原因となる耳鳴り

 

自律神経失調によって耳鳴りが起こるケースが有ります。

images (15)

めまいとともに耳鳴りがするといった人は、

仕事や受験勉強で寝不足が続いていたり、

栄養が偏った食生活になっていないか振り返ってみましょう。

 

自分では意識していなくてもストレスが溜まって

自律神経に乱れが生じている場合があります。

 

このケースでは、最初は

「ジージー」とか「キーン」

といった特定の音が聞こえているだけでも、

だんだん、めまいを併発したり、

音がこもった感じに聞こえるようになり、

難聴になってしまうこともあります。

 

もちろん、この記事を読んでてもなります。

■自分でできる耳鳴りの民間治療法

 

1、自律神経の乱れを整える!

 

自律神経失調が原因となって

耳鳴りがしている場合は、

規則正しい生活を意識して送ることが重要です。

 

睡眠時間をしっかり取る

一日3食の食事を摂る

適度な運動をする

この3つを日ごろから意識しましょう!

 

どれも普通の事のように思いますが、

夜更かしをして寝坊してしまい朝ごはんを食べずに

出勤してしまうなんてことがありますよね。

 

心当たりの方はそういった生活を正すことが耳鳴り解消への近道です!

MOK_kyouheisu-yossya500

難しいようであれば、家族や会社の上司に

相談して協力や配慮をしてもらいましょう。

 

また、運動をする時間がないひとは、

通勤や通学時に下車する駅を一つ手前にして

20分ほど多く歩くというのを心がけましょう。

 

適度な運動はストレス発散にもなりますし、

また、夜にぐっすり眠ることができるのです。

 

2、耳鳴りに効くツボ押しをする!

 

耳鳴りを治すのに効果があると言われているツボは

耳の付け根の表側で耳の穴の入り口にある三角形の

形をした突起の前方にある

「聴宮(ちょうきゅう)」です。

o-EAR-facebook

押しながら口を開閉すると顎の骨が動くのがわかる

部分になります。

 

ツボ押しをするときにはリラックスして行うこと

重要です。

 

特にこの「聴宮(ちょうきゅう)」は口をぐっと

締めながら行うと骨を押すことになるので、

口をポカーンと開けて行いましょう。

 

また、ツボ押しは、力を入れ過ぎない事

が重要です。

 

耳の近くのツボはデリケートな部分でもあるので

無理に力を入れずに、優しく刺激してあげましょう!

 

耳が暖かさを感じ始めたらやめてください。

 

3、耳鳴りに効くストレッチをする!

 

凝りが原因で耳鳴りが起こっている場合には

ストレッチをしましょう。

 

自律神経失調は、精神的なストレスはもちろん、

慢性的な首や頭の凝りによって引き起こっている

可能性があります。

 

そんな、首周りの凝りが原因で症状が出ている場合には、

ストレッチが有効な解消法となります。

 

ストレッチの方法は簡単なので、

会社のデスクでも実践できます。

 

首をゆっくり左、右、後ろ、前に倒すだけです。

images (16)

それぞれの方向で10秒から30秒位キープ!

 

また、左右に首を倒すときには、

反対側の腕を斜め45度くらいに上げると

肩の方までストレッチをすることができます。

 

このストレッチをすることで首から頭にかけての

血流が良くなり耳鳴りが治る可能性があります。

 

お風呂の湯船などでやるとより効果的になります。



 

最後に

 

耳鳴りは、精神的なストレスから症状が現れる事が

非常に多いです。(見落としがち)

 

自分ではストレスがないと思っていても

身体には負担をかけていることがありますので、

耳鳴りがしたら、身体がなんらかのサインを

出していると思って解消方法を試してみましょう。

また、自分で何をしても症状が回復しない場合

には耳鼻科などの医療機関に相談をしてみましょう。

コメント0件

コメントはこちら

*

Return Top