カニの解凍方法!レンジはNG冷蔵庫で!ボイル&生&急ぎの時のポイント

 

N116_boirusaretakani500 (1)

焼いても煮ても美味しいタラバガニ!

濃厚な味噌がたっぷり詰まった毛ガニ!

カニをネットで注文するとその大半は冷凍で届きます。

せっかく届いたおいしそうなカニも、
解凍方法を間違ってしまうと、カニ本来の味わいを損なうばかりか、
みずみずしさや弾力感まで失ってしまう・・・なんてことも。

そこで今回は「カニの正しい解凍方法」をわかりやすくご紹介します^^

それでは早速いってみましょう!

スポンサーリンク

 

カニの種類によって解凍方法と解凍時間は違う!

 

 

カニを解凍する前に、まず把握しておかなければならないのが

「カニの種類によって解凍方法と解凍時間が異なる」

ということです。

生で冷凍されたカニと茹でたのち、冷凍されたカニの
二通りがありますが、生で冷凍された場合の解凍方法は
「流水解凍」が一番です。

adc24f9425ee5c543916cf2c885ffd00_s

冷凍カニを食品用のビニール袋に入れて口を縛り、
それを水の入った鍋に入れるだけ。

後は水を出しっぱなしにして流水解凍でOKです。

生のいわゆる「殻なし」はこの方法で大体大丈夫なのですが、
ボイルされたカニだとちょっとやり方が変わってくるので
詳しくご紹介したいと思います。

ボイルガニの場合、基本的には室温や常温で解凍するのではなく、
冷蔵庫内でゆっくりと時間をかけて解凍するということを覚えておきましょう^^

 

 

ボイルカニの解凍時間目安

 

タラバガニ&毛ガニ・・・24時間程度

ズワイガニ・・・18時間程度

タラバガニの足・・・24時間程度

カット済タラバガニ足・・・18時間程度

ズワイガニの足・・・12時間程度

 

ポイント!

ご覧のとおり、カニの回答には少なく見積もっても12時間以上は
必要です。

タラバガニだと1日程度の解凍時間が必要なので、
食べるタイミングを考えて解凍するといいですね^^

PAK95_sunadokei20141018123010500

・・・・・・

 

解凍時間を覚えたところで、次にカニの解凍方法をご紹介します。

 

 

ボイルカニの解凍方法

 

まず、解凍するのに準備する道具を紹介します。

 

1、新聞紙かキッチンペーパー

2、水きりパット

3、ビニール袋

 

この三つを用意してください。

では最初に冷凍してあるボイルカニを新聞紙やキッチンペーパーでしっかりと包みます

そして水切りパット(水が下に逃げるアイテムならなんでもOK)に
包んだカニを入れます

最後に水切りパットをビニール袋に入れて口を軽く縛り、
後は冷蔵庫で解凍を待ちます。

 

カニをそのまま冷凍庫内で保存、
解凍してしまうと身が乾燥してパサパサになってしまいます!

美味しく食べたいならこの方法を実践してみてください^^

 

 

毛ガニの解凍に一工夫!

 

DSCF3433

ボイル毛ガニの姿には濃厚な味噌がたっぷり詰まっています!

そのため、毛ガニの姿を冷蔵庫で解凍する場合は
必ず甲羅を下にして仰向けに寝かせ、味噌が流出しないように保存、
解凍するようにしましょう^^

また、カニ足だけの商品を購入した場合は出来るだけその日に食べる分だけを解凍し
、残りはそのまま冷凍保存しておくのが無難です。

再冷凍してしまうと味わいや香りが劣化し、
カニ自体の品質が下がってしまう恐れがあります。

 

 

新聞紙がビッショビショだけど大丈夫なの?

 

カニの解凍が進むと、
包んでいる新聞紙やキッチンペーパーが濡れてきますが、
これはカニの旨味やエキスが流れ出てきたわけではなく、
業者が出荷前にカニの乾燥防止のために施した「グレース処理」の影響です。

グレース処理とは、カニの殻の表面に薄い氷の膜を貼り、
外気との遮断を図る高度な冷凍技術のひとつです。

つまり、このグレース処理によって張られた薄い氷の膜が溶け出すことで、
カニを包んでいる新聞紙やキッチンペーパーが濡れてくるだけなので
心配はいりません^^

 

 

どうしても解凍が間に合わないときは・・・

 

どうしても急いで解凍が必要な場合や、
食事の時間までに解凍が間に合わなかった場合のみ、
カニをビニール袋に入れて「流水解凍」という手段もあるので
覚えておくと便利です。

決して冷凍のまま煮たり茹でたりはしないでください!

もしそれをやってしまうと、カニの旨味成分がエキスと共に流出してしまいます。

せっかく届いた冷凍カニを最高の形で味わいたいのであれば、
時間を掛けてゆっくりと解凍した後に調理を行いましょう^^

 

最後に

 

最近では贈答品として売られているカニのほかに、
自宅で食べるのに特化した「ワケあり品」のカニも人気を集めています。

ワケあり品として売り出されているカニの多くは、
水揚げや加工する過程で傷が付いてしまったり、
足が折れてしまうなど贈答品として提供できなくなったカニが販売されています。

ただし、傷が付いたり足が折れてしまっただけで
カニ本来の味わいや香りは正規品と何ら変わりはなく、
見た目を気にせずに自宅でカニを楽しみたいと考える人たちの間で、
ワケあり品のカニは高い人気を誇っています。

手ごろな値段でそこそこのボリュームがあるので
予算が限られているときは検討してみてはいかがでしょうか?

コメント0件

コメントはこちら

*

Return Top