年賀状で間違いやすい重複文章、挨拶を紹介!正しい書き方を覚えよう!

 

 

年末が近づくにつれ、年賀状の準備に追われる人も多いかと思います。

年賀状にはある程度の決まったパターンの文面がありますが、
よくよく見てみると意味が重複していたり文章が
間違っているということも少なくありません。

しかし、分かる人には分かってしまうのが年賀状

「あらやだ!書き方もロクに知らないなんてっ!」

「こりゃひどい・・・・・・」

「仕事は出来るんだけどなぁ、こういう所はなぁ」

AL1025_meganedoya20140830145913500

こんな風に思われない為にも、
正しい文章や言葉遣いについての知識を身に付けておくことも大切です。

そこで、今回は年賀状で見落としがちな書くときのポイントを
ご紹介します!

スポンサーリンク

 

新年あけましておめでとうございますは禁句!

 

よく冒頭部分に書き綴る新年の挨拶に、

「新年明けましておめでとうございます」

という文面を見かけますが、
これは「新年」という部分と「明けまして」の意味が
重複しているので間違いです。

GREEN_RU20140125500

ただしくは

「明けましておめでとうございます」

と書き綴るのが正しい書き方なので覚えておきましょう^^

 

元旦の使い方に気をつけろ!

 

文章の最後の部分に締め括りとして
西暦や日付を記載する文面も多く見かけます。

たとえば「○○年一月元旦」

この表現だと元旦がそのまま
「1月1日」という意味になるので重複となります。

正しくは「○○年元旦」と書き綴るのが一般的です。

MAX86_yubiwosasu20140531500

 

A Happy New Year は頭がハッピー!

 

最近では日本語で年賀状を書くだけでなく、
英字などで新年を祝う言葉を表現しようとする人も
多く見受けられます。

英字での表現方法でよく見掛ける、

「A Happy New Year」

という言葉についてですが、
多くの日本人がこの言葉を
「あけましておめでとう」の意味になると疑わずに使用しています。

でも、それは間違い!その常識は捨てましょう^^

GREEN_HA20140125500

文頭に「A」を付けてしまうと
「楽しい新年」という意味になってしまい、
外国人からすると非常に奇妙な言い回しに聞こえてしまいます。

英字で正しく新年のお祝いを表現したいのであれば、
Aを付けずに「Happy New Year」と書くのが
正しい表現方法です!

 

使いがちな「去年」

 

また、年賀状とは新年を迎えたことを祝う為のものなので、
基本的にはネガティブワードは避けなければなりません。

たとえば「去る」や「失う」などの言葉は縁起が悪い印象を与えてしまうので、

「去年はお世話になりました」

という文章を入れたい場合には

「旧年はお世話になりました」

という風に文面を変えて記載する必要があります。

また、よくありがちなミスですが、
「謹賀新年」「明けましておめでとうございます」には
同様の意味がありますので、
この2つの言葉は重複して使わないように注意しましょう。

例えば、謹賀新年という文が書かれている年賀はがきは
「明けましておめでとうございます」を入れてしまうと、
意味が重複するのでおめでとう系の文章は控えるべきです^^

日本語って難しい!

コメント1件

みんなの声

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 堀井哲朗

    あけましておめでとうございます。
    すばらしいお知恵を有り難うごじます。
    ただ一つ補わせていただきます。
    「新年あけましておめでとうございます」は、単に二重表現でNGではなく
    明けるという動詞は、「終わる」という意味を持ちます。いわゆる
    「徹夜明け」「梅雨明け」「仕事明け」「喪が明ける」「断食明け」など等。
    つまり、新年明けまして、と言うと「新年が終わっておめでとう」となり、これは変です。
    ですから、「あけましておめでとうございます」もしくは「新年おめでとうございます」でいいのです。

コメントはこちら

*

Return Top