会社の上司に年賀状を送るには?文例 宛名 マナー 書き方全部教えます!

 

MAX99_nanba-one20141025132405500

「上司に年賀状、どう書いたらいいのかワカンナイ!」

「宛名とかどうすりゃいいんだよ・・・」

「正直、めんどくさいけどやっぱ上司や会社に年賀状って書かなきゃだめなの?」

日本の伝統とも言うべき年賀状。

小学生の頃や、中高と書いた覚えがあるかと思います。

ただ、大学や社会人になるとパタリと送らなくなった・・・

そんな経験ありませんか?

いざ、「書かなくちゃ!」といった所で
何を書いていいのかわからない、特に就職したてで
上司に年賀状を送ろうと考えてググって来た方。

今回はそんな方の為に

「これなら上司に送っても大丈夫な年賀状」をご紹介します^^

宛名、賀詩、敬語、ぜーんぶお伝えしますので参考にしてみてください。

それでは早速いってみましょう!

スポンサーリンク

 

まだ慌てるような時間じゃない

 

慌ててみている方も、調べてみている方も
色んなポイントを書いておいたので落ち着いて
ゆっくり読んでください^^

15e0b96e

 

ほとんどの企業や会社では、同僚だけでなく上司や先輩に対しても
社交辞令として年賀状を送り届けるのが一般的となっています。

「年賀状メンドクサ!」

と思っても一様出しておきましょう^^

特に会社や企業などの組織で働く人にとって、
上司や先輩に出す年賀状を書く際はマナーや礼儀に気を遣う必要があるので、
最低限の言葉遣いや年賀状のマナーを身に付けておくことが大切ですね。

 

てめえらの字は何色だ!

 

まず最初に注意しなければならない点が「文字の色」です。

目上の人や取引先に出す年賀状は、
基本的に黒インクのペンや筆ペンを使って書くのが常識です。

蛍光カラーやカラフルな配色はNG!

PAK35_enogutoparetohude500

また、会社の上司や役員に対して年賀状を送る場合、
冒頭部分には「謹んで」や「恭しく」などの文字が入った文面を使うと
「こいつ分かってるな・・・」と上司に思われるかもしれません。

8e23952e84aa5124114cfb6a77613e66_s

たとえば

「謹賀新年」
「恭賀新年」
「謹んで新年のお慶びを申し上げます」
「謹んで新春の寿ぎを申し上げます」

などの文面を冒頭部分に入れると社会人らしさが出ます^^

反対に会社の役員や上司、先輩など目上の人に対して
使うとマナー違反となってしまうのが↑の文が含まれない

「あけおめ!」

「ハッピーニューイヤー!」

などです。

これらの賀詞を使用するのは同僚や友人に留めておき、
目上の人に送る年賀状ではなるべく使わないようにしておきましょう。

また、去る、滅びる、衰える、破れる、失う等
ネガティブに聞こえる縁起の悪い言葉や表現は避けるように
意識して書くことも大切です。

それと、年賀状の文面には句読点を使わないように
意識して書くとさらにgood!

 

PCが許されるのは大学生まで

 

上司や先輩など目上の人に対して出す年賀状は極力、
パソコンなどで印刷した文面ではなく「手書き」
の言葉を書き添えて送るようにしましょう。

印刷した文字だと、

「こいつぁひでえや!心ってもんがまるで入ってねぇ!」

OZPA_4mukachakka500

と、あなたの評価が下がるかもしれません。

もし、どうしても印刷に頼らなければならない状況だとしても、
せめて一言くらいは手書きのメッセージを書き添えるように
工夫するのが目上の人に対するマナーです^^

 

役職、肩書、二ツ名、氏名の書き方

 

相手に役職や肩書きがある場合は必ず氏名の上に
その役職名や肩書きを書き添える必要があります。

N745_iyosyacyoutoobekkacyunosarari-500

ただし、役職名や肩書きに「様」のような敬称を入れるのは不自然なので、
必ず氏名の後に「様」という敬称を入れるように気をつけましょう。

ただし、たとえ会社でお世話になっている役員や上司に送る年賀状でも、
「自宅宛」に送るのであれば役職名や肩書きは不要なので、
氏名に「様」を付けるだけで十分です。

 

秒速で書ける!鉄板文例!

 

次に上司や役員に宛てて書く、年賀状の裏面についてです。

基本的には旧年中にお世話になった事に対する感謝の言葉を盛り込みつつ、
新年の挨拶を書き綴ります。

鉄板な文章としては、

「謹んで新年のお慶びを申し上げます。
本年も昨年同様、ご指導ご鞭撻の程宜しくお願い致します。
皆様のご健勝とご多幸を心よりお祈り申し上げます」

のような文面が一般的です。

また、仕事関係でお世話になった上司や役員への定型文としては、

「謹賀新年 旧年中は格別のご指導
ご支援をいただき誠に有難う御座います。
おかげさまで○○に関わるプロジェクトを
無事に終了することが出来ました。
本年も変わらぬご指導ご鞭撻のほど宜しく
お願い申し上げます」

のように、仕事やプロジェクトでお世話になった事に対する
感謝の言葉を書き添えると良いでしょう。

ちょっと細かいようですが「有難う御座いました」これはNG

正しくは「有難う御座います」がベスト!

a0002_000179

「した」は過去形になるので言い換えると
「あなたには感謝してました」となっちゃうんですね^^;

これじゃ、その場限りの感謝の気持ちになってしまうので
ここは「ます」にすると良いです!

「あなたには感謝してます」今も感謝の気持ちは変わらない
アピールが伝わるんですね。

日本語って難しい!

 

干支(えと)の使い方

 

次に年賀状には外せない、その年の干支に関する絵柄についても
幾つかの注意点があるので覚えときましょう。

基本的に干支の絵柄は年賀状の裏面に記載するのが一般的です。

その際、会社でお世話になっている上司や役員に宛てて書く年賀状には、
基本的にはふざけた印象の絵柄でなければどのようなものでも大丈夫です。

ただし、その年の干支の絵柄と共に家族の写真などは
入れない方がいいです。

上司や役員、ビジネス上で付き合いのある取引先に
家族写真を送るのは違和感がありますし、
家族ぐるみの付き合いでも無ければ写真は入れないのが無難です。

 

〇〇さえすれば確実に届く方法・・・

 

最後に、年賀状を投函する時期についてちょろっと書きます。

やはり目上の人に対する年賀状は、
元旦に届くように配慮するのがベストです。

普段からお世話になっている上司や先輩には必ず
1月1日に届くように年賀状を投函しましょう。

pp_shikakuipost500

元旦に年賀状が相手の手元へ届くようにしたい場合は、
12月15日~12月25日くらいまでに出すと滞りなく届くので、
覚えておくと便利です。

ちなみに出張や旅行などで、どうしても年賀状の投函が遅れてしまう場合、
1月7日までに遅れた事に対するお詫びの言葉を書き添えるなどして投函するようにしましょう。

1月7日を過ぎてこのブログを見ているあなたは
「寒中見舞い」という方法で新年の挨拶を送ることができます。

気になる方はこちらをご参照ください^^

コメント1件

みんなの声

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

No commented yet.

  1. […] ■慌てて年賀状書く 出典:http://barber-hide.com/2081.html […]

コメントはこちら

*

Return Top