【新米コシヒカリ】正しい保存方法とおいしく食べるご飯の炊き方をご紹介!

 

10月になると秋の気配が感じられ、
さまざまな食材が旬を迎えます。

日本人にとって主食となっているお米も秋を境に旬を迎え、
収穫の時期に入ります。

a0007_002205

この時期に穫れたお米を「新米」と呼びますが、
この新米には正しい保存方法美味しく食べるコツ、
炊き方、
があるので覚えておくと便利です。

今回はそんな「新米」をピックアップしていきたいと思います!

それでは早速いってみましょう。

スポンサーリンク

 

お米は生鮮食品なの?

 

一般的に、
秋を迎えると農家からJAなどに
新米が玄米の状態で輸送された後、
低温の貯蔵庫にて保存されることがほとんどです。

IMG_7995

その後、
お米屋やスーパーなどの注文に
合わせて精米工場へ運ばれ、
精米された状態の新米が各地のスーパーやお米屋に届きます。

あまりイメージが浮かばないかもしれませんが、
お米は立派な「生鮮食品」です!

p3_seisen

日持ちするイメージを持つ人が大多数だと思いますが、
一般的には精米された新米をおいしく食べられるのは
夏場の暑い時期で約2週間程度
秋から冬にかけては精米後3週間程度だと言われています。

そのため、
いくら新米だからと言って一度に大量購入
をするのはあまりオススメしません。

できれば季節に合わせて購入量のバランスを調整し、
おいしく頂ける期間内に消費してしまうのがベストです。

 

新米の正しい保存方法は?

 

次に新米を購入した後の保存方法についてですが、
まず最初に気にしなければならないのが、
新米の「保管場所」についてです。

通常、
精米後のお米を保管する場所として
理想的なのは低温で湿度が低く、
日の当たらない場所とされています。

そのため、
家庭内でそれらの条件に全て当てはまる
場所を探すとすれば、
必然的に冷蔵庫の「野菜室」となるわけです。
お米を冷蔵庫で保存するなんて
意外だと思われるかもしれませんが、
お米は精米した後も呼吸をし続けています

a0002_011614

そのため、
時間が経つごとにお米の表面にある
脂肪が酸化していくことで味が劣化していきます。

しかし、
野菜室のように湿度が低く、
15度以下に保たれている環境下でなら
お米の呼吸を停止させることができ、
尚且つ害虫や雑菌などの繁殖も抑えられます。

ちなみに野菜室には他の食材も
保存しなければならないでしょうから、
省スペースを実践する為にも
お米は「ペットボトル」に入れて保管することをオススメします。

Petbottle

 

新米の正しい炊き方は?

 

新米の保存方法が理解できたら、
次は新米の「美味しい食べ方」について学んでおきます。

新米のもっとも美味しい食べ方は、
やはり「焚いて白米のまま食べる」ことです。

a0002_003234

新米の美味しい焚き方のポイントは
水の量にあります。

新米は水分を吸収しやすく、
いつもの量で焚くと柔らかく仕上がってしまいます。

そのため、新米を炊く際はいつもよりも
水分量を少なくして焚くことが大切です

a0002_011603

また、
新米は水をぐんぐん吸収するので普段の炊き方だと
ちょっとべちゃべちゃしてしまいます(水っぽくなる)。

なので、普段の炊き方はせずに
「急速炊飯」機能があるジャーは是非それで
炊いてみてください!

ホッカホカのおいしい新米、
家族でみんなで味わいましょう^^

 

 

コメント0件

コメントはこちら

*

Return Top