花粉症対策!原因と症状を知っておこう[スギ~ブタクサのかゆみ頭痛]

 

最近日本人の花粉症患者は増加しており、
日本人全体の約25%花粉症だといわれています。

まず花粉症がいったいどんな病気なのか、
簡単に振り返っておきたいと思います。

花粉症は、スギやヒノキなどの植物花粉が原因で、
くしゃみ、鼻水などのアレルギー症状を引き起こす病気です。

a0002_002654

医学的には季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれます。

毎年春、夏、秋のいずれかに「鼻がムズムズ」、「喉がイガイガ」
などの症状が現れたらおそらくそれは、
「花粉症」と呼ばれている症状かもしれません。

 

と、いう訳で今回は、いやぁな「花粉症」について詳しくご紹介
したいと思います。

実は春だけのものと思われがちな花粉症は
夏、秋、冬、と年中起こり得る症状だという事はご存じでしょうか?

秋に
「あれ?くしゃみが止まらない」
「鼻水が急に出始めた」

これらも、もしかしたら花粉症が引き起こしている症状の一つ
かもしれません。

それでは早速、花粉症についてみていきましょう!

スポンサーリンク

 

花粉症の基礎知識

 

まずは花粉症の基本的な事についてお話ししたいと思います。

花粉症(アレルギー性鼻炎)は、
アレルゲン(アレルギーを起こす原因物質)の種類によって2つに分類されます。

 

1:花粉症(季節性アレルギー性鼻炎)

 

アレルゲンとなる花粉が飛散する季節にだけ症状が出ます。

日本国内だけで、約60種類もの植物花粉が花粉症を引き起こすと言われています。

花粉

 

原因となる主な植物花粉

スギ、ヒノキ、オオアワガエリ、カモガヤ、シラカンバ、ブタクサなど。

a0960_005506

 

症状

 

鼻の症状だけではなく、目の症状(かゆみ、充血など)
が同時に現れる場合が多く、その他に皮膚のかゆみ、
下痢、体のほてり(熱っぽい感覚)などの症状が現れることがあります。

OZP86_kahunsyounokisetudesune500 (1)

さらにハンノキやシラカンバなどの
イネ科植物に対する花粉症の方は、
ある特定の果物や野菜を食べると、口の中がかゆくなったり、
腫れたりする口腔アレルギー症候群を発現することもあります。

kuti

 

2:通年性アレルギー性鼻炎

 

季節に限らずアレルゲンが一年中、存在しているので、症状も一年中出ます。

 

原因となる主なもの

ダニ、ハウスダスト、ペットの毛、フケなど。

ダウンロード (12) ダウンロード (11)

 

症状

 

ぜん息アトピー性皮膚炎など併発することがあります。

近年は通年性アレルギー性鼻炎と
花粉症の複合的な症状に悩む人や、
2種類以上の花粉に反応する人も増加しており、
一年中鼻水、鼻づまり、くしゃみ、
目のかゆみなどに悩まされるという人もいます。

 

花粉症のメカニズム

 

人間は、花粉という異物(アレルゲン)が体内に侵入すると、
まず花粉を異物として排除するべきかどうかを考えます。

ダウンロード (13)

体が花粉を排除するべきと判断すると、
体は花粉と結合する物質をつくります。

この物質を「IgE抗体」といいます。

ダウンロード (14)

抗体が体内にできた後にもう一度、
花粉が体内に入ると、鼻や目の粘膜の肥満細胞
表面にある抗体と花粉が結合します。

そして、肥満細胞からヒスタミンなどの化学物質が分泌されて、
花粉を可能な限り体外に放出しようとします。

ダウンロード (3)

上記のメカニズムから、体内に入った花粉を鼻水で洗い出そうとしたり、
くしゃみで吹き飛ばそうとしたり、鼻をつまらせて、
更に花粉が鼻の中に入れないようにしたりする防御機能が働くのです。

 

 

花粉の飛散量

 

関東地方を例に挙げると、2月頃からスギ花粉が飛びはじめて、
4月下旬頃に数が少なくなってきます。

a0001_004085

そしてちょうどスギ花粉の終了時から今度は、
ヒノキ花粉の飛散がはじまります。

ヒノキ花粉の飛散は5月末頃まで続きます。

a0960_005520

年によって花粉の飛散量には違いがありますが、
くしゃみ、鼻水、鼻づまりや目のかゆみなどの症状は、
花粉の飛散量に比例して悪くなります。

 

最近のスギ花粉の飛散量

 

スギやヒノキの花粉飛散量は、昔と比較して増加の傾向にあります。

過去20年間にわたって花粉飛散量を詳細に
記録している千葉県船橋市のデータをみると、
1993年から2002年に間に飛散した1年間の花粉量の平均より、
2003年から2012年に飛散した花粉量の
平均の方が多くなっていることがわかりました。

比較的花粉が少ないといわれる年でも、
一昔前に比べたら飛散量が多いこともあります。

またその年のスギ花粉の飛散量を決定づけるのは、
前の年の夏の日照量だといわれています。

a1130_000393

意外と気温はそれほど関係がなく、日照量が多い方がスギがよく育ち、
春になって大量の花粉を放出するようになるのです。

 

 

花粉症が増加している理由

 

花粉症は今や国民病とまでいわれていますが、
花粉症は戦後になって初めて認知された比較的、新しい病気なのです。

1960年代からのわずか40年間で、
日本人の花粉症患者(特にスギ花粉症)はすさまじい勢いで増加しました。

では何故、ここまで爆発的に花粉症が広まっていったのでしょうか?

 

理由1:スギ花粉の増加
戦後の日本では木材需要を想定して、
スギが大量に植林されましたが、
実際はそれほど伐採されずにそのまま残され、
開花適齢期を迎えたスギが大幅に増えました。

それに加えて、地球温暖化の影響もあり、
春のスギ花粉飛散量が増えたといわれています。

ダウンロード (15)

 

 

理由2:大気汚染
自動車の排ガスなどで汚染された
大気中の微粒子が体内に入ることで、
抗体を産生しやすくなり、花粉症の発症を促します。

また舗装された道路が増加して、一旦、
舗装道路上に落ちた花粉が再び巻き上げられることも原因です。

ダウンロード (16)

 

理由3:食習慣の変化、不規則な生活
糖分の取り過ぎ高脂肪の食事を続けていたり、
不規則な生活やストレスをためこむ生活なども、
アレルギーを起こしやすくする要因だと言われています。

ダウンロード (17)

 

理由4:住宅環境の変化
最近の住宅はマンションをはじめとして、
気密性が高いと言われています。

またオフィスの近代化など、
通気性が比較的少ない環境でダニやカビなどが
増加しアレルギーを起こしやすくしていると言われています。

a0002_005877

 

以上4つの理由が原因ではないかと考えられています。

 

 

花粉の飛散時期

 

皆さんは代表的な花粉とその飛散時期をご存じでしょうか。

おおまかに花粉の飛散時期を知っておくと、
花粉症の予防や、発症してからも症状の緩和に役立ちます。

日本は南北に細長い地形の影響で、寒暖差が激しく、
花粉症の原因となる植物の特徴や飛散時期も地域によって異なります。

複数の植物の中で一番やっかいなのは、
風によって大量の花粉が飛ばされる風媒花といわれる植物種で、
中でも有名なのはスギのような木本(もくほん)植物です。

a0001_013583

自分の居住地域でどのような木本植物が多くみられるかご存知でしょうか。

例えば、スギは北海道や沖縄にはほとんど存在していないため、
北海道民や沖縄県民にはスギ花粉症はみられません。

その一方で北海道にはシラカンバ花粉症が多いというように、
地域にとって違いがあります。

a1180_013900

また気温の違いから、花粉が飛散する時期も違っています。

例えば九州では1月下旬頃から花粉が飛び出しますが、
東北では3月上旬頃からと差があります。

そして、スギ以外にも花粉症を引き起こす樹木や草があります。

 

冬から春:オオバヤシャブシ、クリ、コナラ、オリーブ、ハンノキ

 

夏から秋:草本(そうほん)花粉(イネ科、キク科)

 

 

夏~秋にかけての花粉症=草本(そうほん)花粉

 

夏から秋にかけて、花粉症の症状が出たら、
その原因は草本花粉である可能性があります。

草本花粉とは、イネ科、キク科、ブタクサ属など背が低くて、
いわゆる雑草の花粉です。

 

スギやヒノキなどの花粉は風に飛ばされて
数十キロも飛びますが、
これらの草本植物の花粉はせいぜい数十メートル
の範囲にしか飛散しません。

そのためにこれらの植物が生えている
場所に近づかないようにすれば、花粉を避けることができます。

花粉が飛散していない時期に、
これらの植物が生えている場所を確認しておいて、
花粉の飛散時期が来たら近づかないようにするのが良いでしょう。

 

イネ科の植物

 

イネ科の植物は、スギやヒノキの花粉症と同様に鼻、
目の症状に加えて、皮膚のかゆみなどの全身症状が出やすいことが特徴です。

ダウンロード (19)

 

ヨモギ

 

全国的に広く分布していて、8~10月に花粉が飛散します。

とても繁殖力が強い植物です。

口腔アレルギー症候群が起こることがあります。

images (6)

 

ブタクサ

 

秋の花粉症を引き起こす代表です。

道端や河川敷などを中心に広く分布しています。

口腔アレルギー症候群が起こることがあります。

ダウンロード (18)

 

 

3~4月頃の花粉 オオバヤシャブシ(カバノキ科)

 

3~4月頃に丁度、花粉の飛散時期を迎えるのが
オオバヤシャブシ(カバノキ科)です。

主な飛散地域は大量植樹を過去に実施した
兵庫県の六甲山周辺ですが、
最近では全国の新興住宅地に植樹されるようになり、
オオバヤシャブシの花粉症は増加の傾向です。

カバノキ科ですので、シラカンバと同じ様に
口腔アレルギー症候群が起こることがあります。

b58ddd64bf6b566723236cd680ff12ba

 

5月~6月頃の花粉 コナラ(ブナ科)

 

5月辺りを過ぎるとクリ、コナラ(ブナ科)の花粉が
飛散時期を迎えます。

ブナ科の木は日本全国の日当たりのよい山に生えており、
花粉の飛散時期は北部では5~6月頃
中央より南の地域では3~5月頃です。

ブナ科にはブナ属、コナラ属、シイノキ属、クリ属などの種類がありますが、
花粉症の原因となるのは主に風媒花(風で花粉を運ぶ)であるコナラ属です。

コナラの花粉の飛散が終わる頃に、
虫媒花(虫に花粉を運んでもらう)であるクリの花粉症が起こります。

1041

 

春~初夏頃の花粉 オリーブ(モクセイ科)

 

オリーブの育成が盛んな瀬戸内地方に特徴的な花粉症です。

花粉の飛散時期は5月下旬から6月上旬です。

100年前からオリーブを栽培している小豆島では、
春から初夏にかけて、アレルギー性鼻炎の患者の約4分の1
オリーブによる花粉症といわれています。

カモガヤと飛散時期が重なっているので、
なかにはオリーブとカモガヤの両方にアレルギー症状を示す人もいます。

ちなみにオリーブ花粉症は、ヨーロッパの地中海沿岸では代表的な花粉症です。

a1180_002790

 

1月~4月頃の花粉 ハンノキ(カバノキ科)

 

花粉の飛散時期は1~4月頃で、日本全国に分布しているのが特徴です。

特に北海道と、本州では北陸地方より多いといわれています。

北海道では、本州のスギ花粉と同じ時期に飛散するため、
スギ花粉症と間違われることもありますが、
北海道にスギはほとんど植えられていないため、
2~3月の花粉症はハンノキによるものがほとんでです。

シラカンバと同じ様に口腔アレルギー症候群が起こることがあります。

iCyxalwm

 

そのほかの時期

 

その他に花粉症を引き起こす樹木と飛散時期、生息地域を
まとめてみました。

 

ケヤキ(ニレ科) 3月から6月 本州、四国、九州の温暖な地域

イチョウ(イチョウ科) 4月中旬から下旬 日本全国

アカマツ(マツ科) 4月下旬から6月 北海道南部から九州の山野

 

 

職業病の花粉症

 

イチゴ(4~5月)、リンゴ(4~5月)、バラ(3~5月)、ウメ(2~3月)など、
これらを栽培している人に発生する
一種の職業病ともいえる花粉症があります。

これらの植物は虫媒花であり、花粉は遠くまで飛ばないため、
日常的に花粉に接触する機会が多い人に限って発症するのです。

人工交配時に長袖、長ズボンの着用とメガネ、
マスクを使用することで花粉に触れる量を減らすことで発症を予防します。

a0055_000911

 

最後に

 

いかがだったでしょうか?

花粉症といってもいろんな時期に
しかもいろんな種類の花粉が飛んでおり、
その影響でアレルギー反応が表れてしまうんですね。

なので、中には
「春、夏、秋、冬、年中花粉症だよ・・・・・・」
なんて方もいるかもしれません。

なぜなら、どの季節にも花粉は多く飛んでいるからです。

ただ、その方の住んでいる地域によって若干の差は
あります。

秋に「あれ?くしゃみがとまらないんだけど・・・」

こんな時は、すぐに耳鼻科へ行きましょう!

もしかしたら季節性の花粉症かもしれません。

こうなっては、花粉の時期が過ぎ去るのを待つか、
薬を飲むかの選択になるので、
少しでも体に違和感を感じるようなら
一度かかりつけの耳鼻科へ行ってみるのがオススメです。

とってもつらい花粉症。

正しい知識を身につけて、しっかりとした予防と対策を
心がけましょう!

 

 

コメント0件

コメントはこちら

*

Return Top