手荒れの予防法!ハンドクリームや洗剤の使い方【水仕事】、食べ物で予防!

 

手荒れをする理由はひとそれぞれですが、
生活環境や元々持っている体質、
その時の気温や湿気などで発症するものなのです。

ダウンロード (1)

そんな手荒れですが、
いっかい発症してしまうと何をしても治りにくかったり、
症状を繰り返してしまったりと厄介なもの。

しかも手荒れをしていると水にも痛くて触れない!
手も石鹸がしみて洗えない!
手袋が擦れて出来ない!
なんてコトにもなるのです。

主婦の方ですと、家事も痛いからろくに出来ないくらい症状が酷い!
なんてコトもあります。

しかし、そんな手荒れも正しい予防方法を知っていれば
発症を抑えることが出来るのです。

今回、このブログでは
そんな手荒れの予防方法をいくつかご紹介します。

それでは、早速いってみましょう!

手荒れの記事一覧はこちら

スポンサーリンク

 

ハンドクリームは最低でも毎日3回は塗る事

手荒れがなくても毎日ハンドクリーム
塗るように心がけて下さい。

朝起きて顔を洗ったら塗り、
外出する前にも塗ります。

そして一番大切なのが「寝る前」です。

images (2)

本当は手を洗うたびに塗って頂きたいのですが、
せめて一日3回は塗ってください。

手はいつでも空気に触れている状態なので乾燥しやすく、
気付かないうちに手荒れになっている事がお多いのです。

そうならないためにも小まめに手を保湿するという意味で、
ハンドクリームを常備し塗るコトをお勧めします。

images

そして、手はいつでも外に出ているので
紫外線を直接浴びています。

乾燥して手荒れになる他にも、
皮膚ガンになる恐れや日に焼けて痛くなる事もあるのです。

これは男性でも女性でも関係ありません。

手荒れ予防のためだけではなく、
手がキレイな人は自然と人が寄ってくるとも言います。

また、ハンドクリームは多くの種類が売られていますが、
なるべく化学製品の少ないオーガニックの商品を選びましょう。

1296

そして100円ショップなどにある安いものは買わずに、
最低でも400円以上のものを買いましょう。

後は内容量に注意です。

あまりにも多く量が入っているものは避け、
チューブ型のクリームオススメします。

理由は多すぎると、もし菌が混入した時に
それが長期間こもるので菌が広がってしまい、
清潔でなくなってしまいます。

チューブ型ではない手にとるタイプのものだと、

毎回空気に触れるので、これも清潔ではありません。

 

体質に合わない食べ物、飲み物を避けること

人は、体質に合わない食べ物や飲み物を
摂取すると悪いものを体外に出そうとし、
一番簡単に出る皮膚からの排出をしようとします。

そのため、皮膚病や皮膚の異常が現れた原因に
「日々の飲食」が挙げられるコトが多いのです。

eat_a13

ご自分に合わない食べ物や飲み物というのを
知る機会というのはあまり無いと思います。

アレルギーとは違い、
急激に身体がおかしくなるというコトがないので、
知らない方がほとんどなのです。

例としては、アレルギーではないけれど
生の牛乳を飲むとおなかを下す方や、
貝類を食べると調子が悪くなる方、
辛いものや甘いものを食べると顔が痒くなる方、
アルコールを摂取すると身体中が真っ赤になる方などは、
体質に合わないという事かもしれません。

一概にこうだ!とは言えませんが、
何かしら身体に一時的に少しの異常が
出る事があるというのは大抵、
その時に取った食べ物や飲み物が
体質的に合わない場合が多いのです。

手荒れになる原因もこれに当てはまる場合があります。

辛いものが大好きでいつでも辛いものを
食べている方で手荒れがひどい人は、
辛いものをやめてみたら手荒れの症状が引いた!
といいます。

アルコールや甘いものもそうです。

a0002_010049_m-thumbnail2

主に刺激の多いものが手荒れなどの
皮膚に症状として現れるコトが多いそうです。

コーヒーや紅茶もそのひとつで、
カフェインの取りすぎでも手荒れになる!
というコトもあります。

少量ならばそこまで症状として現れませんが、
ある特定のものが大好きで過剰摂取している
皮膚に出てくるのです。

手荒れなどに悩まされない為にも、
事前にご自身の合わない食材や飲み物
というのが何なのかを把握しておき、
食生活に日頃から気をつけるコトは大切な事なのです。

すでに手荒れに悩まされている方は、
今一度自分の食生活を見直して、
怪しい習慣をやめてみてください。

もしかしたら簡単に治ってしまうかもしれません。

それだけで良くなるのならば嬉しいですね!

 

洗剤は薄めて使う

家事を毎日こなす方が手荒れに悩んでいる…
という事が多いのは、毎日使う「洗剤」に原因が
あるのではないでしょうか?

掃除をするために欠かせないのが洗剤ですが、
それを薄めず原液のままで使っていませんか?

images (7)

それはとても危険です^^;

洗剤には汚れを落とす為の
強力な成分が含まれているので長時間、
お肌(手)に付いていると細胞までも
溶かしてしまう事があるのです。

ですので手荒れがなかなか治らない、
なんてことが起こり得ます。

予防方法としては、洗剤を薄めて使う事!

それでも気になるという方は、
ビニール手袋をはめて掃除や食器を洗うとイイでしょう。

 

ボディソープやシャンプー、ハンドソープを変えてみる

食器洗い洗剤などと同じですが、
まれに、いつも使うボディソープやシャンプー、
ハンドソープが合わなくて手荒れになる事があります。

その場合は薄めて使うのもありですが、
弱酸性の商品やオーガニックの商品を試してください。

一番良いのは固形石鹸です。

images (12)

最近では薬用の固形石鹸が多く売られています。

それを良く泡立ててフワフワにして使ってください。

20080804_485515

原液のまま使ったり、固形の石鹸を直接肌(手)
にこすると刺激が強すぎてしまいます。

 

最後に

 

いかがだったでしょうか?

いくつかの手荒れに関する予防方法を
ご紹介いたしました。

手荒れになるのには必ず原因、理由があります。

それらひとつひとつを見直してみると、
意外と身近なものが手荒れに繋がっているかもしれません。

体の先端に位置し、一番働いてくれる「手」。

日ごろからのケアが、手荒れ予防の近道なのでは
ないでしょうか?

コメント0件

コメントはこちら

*

Return Top