ロタウィルスに感染する原因は?感染経路と対処方法を知っておこう!

空気が乾燥し、冬あたりからひょっこり現れはじめる「ロタウィルス」

小さいお子様をお持ちの方は聞き覚えがあるかと思います。

ロタウィルスに感染した乳幼児は38度ほどの微熱が出たり、
症状が悪化すると下痢、嘔吐、そして脱水症状を引き起こす
「ナメたらアカン!」なウィルス、それが
ロタウィルスなのです。

dengu

 

そんな脅威から子供たちを守るためにも
それぞれの家庭で、ある程度の知識は身につけて
おくべきでしょう^^

そこで、今回はロタウィルスに関する
「感染経路」「対処方法」についてお話ししたいと思います。

知っておいて損はないので、参考にしてみてください。

それでは、早速いってみましょう!

ロタウィルスに関する記事一覧はこちら

スポンサーリンク

 

ロタウィルスの感染経路を知っておこう!

 

ロタウィルスに感染する経路は、

 

・食品

・飲料水

 

これら↑が挙げられます。

食材で感染しやすいものは「貝類」が最も多いということが
分かっているので、与えるのは避けましょう。

images (4)

また、大人が感染する場合は
ロタウィルスに感染したお子様の排泄物や嘔吐物に触れてしまうことが
原因です。

なので、処理するときは必ずゴム手袋をして
汚物はビニール袋に入れて、しっかり口を縛ってからごみ箱へ
捨てましょう。

 

ロタウィルスは冬以降が最も危険!

 

ロタウィルスが蔓延しやすいのは

1~5月

にかけてです。

この時期は、最も感染しやすい時期
なので今まで以上に気をつけることが大切です。

ロタウィルスが厄介なのは、感染力がかなり強い
ということです。

感染を防ぐには「除菌」を徹底する事、
これが最も効果的です。

images (5)

お子様が小さいときは色々なものを「なめたがる」
と思いますが、その時は除菌をさせたものを
つかいましょう。

また、基本的なことですが大人、子供ふくめ家族全員の
うがい・手洗いを徹底しましょう^^

 

ロタウィルスの対処方法について

 

ロタウィルスに感染すると、下痢と嘔吐が続く場合があります。

これによって体の水分量が低下し、脱水症状にいたるケースが
あります。

大人の場合はカバーできる場合もありますが、
乳幼児の場合は大変危険です!

体内の水分量が低下すると、血液の濃度が濃くなりどろどろになります。

この状態が続くと、血流障害が起きて命に関わる場合もあります。

嘔吐や下痢が見られた場合は、
まずロタウィルスだと疑いましょう。

ダウンロード (3)

そしてすぐにかかりつけの病院や近くの小児科
へ受診してください。

乳幼児の場合は、点滴によって水分を補給した方がいい場合も
あります。
(場合によってですが)

 

症状を抑えるには自然治癒力のみ!

 

残念ながらロタウィルスの症状を改善させるには
自然治癒力しかありません。

その為、栄養と水分を摂取しながら安静にすること
が大事になります。

また、ロタウィルスに感染すると胃腸炎が発症しているので、
消化の悪いものは体に負担をかけてしまいます。

まるべく流動食のような負担の少ないものが好ましいでしょう。

 

・ゼリー

・すりつぶした果物

・おかゆ

 

これら↑は食べやすく流し込みやすいのでオススメです。

ロタウィルスの場合は長くても一週間前後で回復します。

つまり、一週間前後ゆっくりと安静にすれば
ほとんどが問題なくなるので安心してください。

ただ、お子様が回復するまでは
脱水症状に十分気をつけてください。

自分でわからないことがある場合は
必ず医者に相談しましょう!

 

コメント0件

コメントはこちら

*

Return Top