妊娠中の葉酸はいつまで摂ればいいの?効果や葉酸の豊富な食べ物まとめ

 

今回は「妊娠中に葉酸を摂るタイミング」についてまとめてみました。

葉酸は妊娠中のお母さんに必要な栄養素として知られていますが、
実際に必要な量やタイミング、葉酸が多く含まれている食べ物を
知っていれば、葉酸についてしっかりと意識することができます。

0IKPd4

なので、このブログでは

・葉酸を摂るタイミング

・葉酸が多く含まれている食べ物と調理方法

についてピックアップしていきたいと思います!

それでは、さっそく行ってみましょう。

スポンサーリンク

 

葉酸って何?

 

まず、葉酸についてちょっとした予備知識を身につけておきましょう。

葉酸は、赤ちゃんの神経を作るうえで欠かせない栄養素で、
主にDNAの合成を行ってくれる働きがあります。

葉酸がお腹の中の赤ちゃんに届くことで、成長することができるんですね。

ダウンロード (10)

 

葉酸を摂るタイミングと期間

 

葉酸は妊娠3か月目までに取らないといけません。

なぜなのか?というと、
赤ちゃんの神経を作る期間がこの妊娠3か月間
行われるからです。

なので、日ごろから葉酸を摂るという事が大切なのです!

赤ちゃんについて考え始めたころから積極的に葉酸が豊富に
含まれる食材を食べるようにしましょう^^
(食べ物については後程ご紹介します。)

images (4)

また、葉酸は妊娠3か月間だけ摂取すればいい
というものではありません。

「3か月過ぎたからもういいかな?」という考えはNO!

実は葉酸のもう一つの効果として「赤血球を作る」
働きがあります。

赤ちゃんに必要な栄養は、お母さんの血液と一緒に運ばれてくる
ので、その分赤血球もたくさん必要になってきます。

images (7)

そのため、赤ちゃんに十分な栄養を運ぶためには
普段以上の血液がいるのです。

つまり、お母さんの血液が不足するとその分、赤ちゃんにも
栄養が行かなくなるので、血液の素でもある葉酸を日ごろから
摂ることで赤ちゃんに十分な栄養を届けてあげましょう^^

 

葉酸の一日あたりの摂取量は

 

葉酸の成人女性が1日に摂取する目安量が
240マイクログラムといわれています。

そして、妊娠中の方はこの2倍である480マイクログラム
の摂取が推奨されています。

これはホウレンソウが7束分アスパラガスが16本分
食べる計算になります。

images (5)

また、葉酸は熱にとっても弱いので食材をゆでたり焼いたりすると
食材に含まれる葉酸の半分近くは外に逃げてしまいます。

なので、加熱処理をする場合はさらにその2倍の量を調理し
摂取しなくてはいけません。

なので、お医者さんから進められる「サプリメント」
摂りにくい葉酸を補うことも大切です。

また、葉酸の1日あたりの摂取量を1000マイクログラムから超えないように
しましょう。

何事も摂りすぎはよくありませんね。

 

葉酸が豊富に含まれる食材

 

you1-1

出典:http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail652.html

 

you2-1

出典:http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail652.html

 

ここに表記されているのは調理前の食物に関する葉酸量です。

葉酸は熱処理すると溶け出すので、煮汁を無駄にしない
調理でいただくことをお勧めします。

また、水に長時間つけておいても溶け出すので、
食材を洗うときはさっと素早く行いましょう^^

images (6)

 

 最後に

 

いかがだったでしょうか?

葉酸を摂取するタイミングについてよく言われているのが
「妊娠3か月目まで」
ですが、今回ご紹介したように赤ちゃんの成長には
やはり葉酸は欠かせないので、妊娠3か月目を過ぎたとしても
摂取することを心がけた方がいいです^^

「サプリメント」と食事からの摂取をバランスよく行って、
赤ちゃんが成長するための手助けをしてあげましょう!

 

 

コメント0件

コメントはこちら

*

Return Top