【敬老の日】2014年はいつ?9月15日です!由来を知ってお祝いしましょう

 

2014年の敬老の日は9月の第三月曜日、つまり
9月の15日です。

みなさんはどんなプレゼントをおじいちゃんやおばあちゃんに
送りますか?

803

実はこの敬老の日。

日本にしかない記念日だってこと知っていましたか?

「母の日」「父の日」は外国からやってきた記念日ですが
「敬老の日」は日本以外にはないんですね^^

敬う心を大切にする、日本ならではの記念日と言って
いいでしょう。

今日はそんな9月15日に行われる敬老の日の由来
ご紹介したいと思います。

それでは、早速いってみましょう!

スポンサーリンク

 

敬老の日の由来

 

昭和41年に国民の祝日として「敬老の日」が制定されました。

ダウンロード (6)

もともとこの「敬老の日」は兵庫県の多可町という町で行われていた
「としよりの日」という敬老会が起源とされています。

photo1

事の発端は昭和22年9月15日、当時野間谷村(現在は合併して多可町になっています)の村長だった門脇政夫氏が、

「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村づくりをしよう」

と村のお年寄りを集めて敬老会が行われました。

そして、その日からこの敬老会を「としよりの日」と呼ぶようになり、
これが後の昭和41年「敬老の日」として国民の祝日となるのです。

しかし、ここで疑問に思うのは

「どうして9月15日なの?」

ということ。

実はこの9月15日という日付には特に深い意味はなく、
9月の中ごろは農閑期(農作業の暇な時期)天気が良い
という事で、選んだのだそうです。

ダウンロード (4)

ただ、それまでの日本にはお年寄りを敬う行事や風習を
特定の日にやることはなかったので、
野間谷村の「としよりの日」が全国的に評価され、
あっというまに知れ渡ることになったのです。

しかし、全国に広がったこの「としよりの日」は

「名前やイメージがあんまりよろしくない」

ojiisan_think

という事で
昭和39年「老人の日」として改称されました。

そして昭和41年
9月15日が国民の祝日として
「敬老の日」が制定されたのです!

 

ハッピーマンデー制度

 

9月15日が敬老の日として定着してきたころ、
ハッピーマンデー制度という法改正が行われました。

この制度は、
国民の祝日を特定の月曜日に移動させるもので、

成人の日(第2月曜日)

体育の日(第2月曜日)

海の日(第3月曜日)

そして、敬老の日が9月の第3月曜日に移動することになり、
今に至ります。

しかし、この変更を全国老人クラブ連合会が強く反発した為、
平成13年に政府が9月15日を「老人の日」として制定し、
さらに同日から1週間を「老人週間」と定めることでまとまりました。

そういう経緯があって、「敬老の日」は9月の第3月曜日
となったんですね^^

ではここで敬老の日の経緯についてまとめてみたいと思います。

 

敬老の日 まとめ

 

・敬老の日は「としよりの日」という兵庫県発祥の敬老会が元。

・敬老の日が国民の日として制定されたのが昭和41年。

・ハッピーマンデー制度によって敬老の日は9月15日から9月の第3月曜日に移行した。

 

以上の流れで現在の「敬老の日」として広く親しまれている国民の祝日となったのです。

ちなみに、敬老の日の俗説として

「聖徳太子が四天王寺に悲田院(今でいう老人ホームみたいなもの)を建立した日」

syoutoku_taishi

だったり

「欽明天皇が養老の滝に御幸(天皇の外出)した日」

315d37d09d05f9d07da6f06b555af329

の説がありますがどれも信憑性があやふやなため
どちらも確かなものではありません。

 

最後に

 

いかがだったでしょうか?

こうしてみると敬老の日というのは以外にも歴史のある
ものだということがわかりますね^^

それだけ、昔から敬老の精神が日本にはあったということでしょう。

今年の敬老の日は9月の15日です。

おじいちゃん、おばあちゃんに日ごろの感謝をこめて
お孫さんと一緒に何かプレゼントをしてみてはいかがでしょうか?

それでは良い祝日を!

 

 

 

 

 

コメント1件

みんなの声

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

コメントはこちら

*

Return Top