靖国参拝の意味とは!?靖国神社が抱える問題のわかりやすいまとめ2014

[titled_box color=”white” title=”靖国神社が抱えるニュースではあまり教えてくれない問題”]
靖国神社

最近ニュースでよく耳にする

『靖国参拝』

どうして問題になっているのでしょうか?

海外では大きなバッシングを受けている

この問題ですが今日は

『首相が靖国神社を参拝すると避難される理由』

について、わかりやすくまとめてみました( ^ω^)[/titled_box]

スポンサーリンク

[titled_box color=”white” title=”靖国神社ってどんな神社?”]

この靖国問題をお話する前に知っていただきたいことがあります

それは問題の中心「靖国神社」についてです

靖国神社とは明治天皇によって命名されたもので、元の名前を東京招魂社(とうきょうしょうこんしゃ)といいます

神社には普通“神様”が祀られていますが

靖国神社には神様の代わりに“英霊”を祀っています

“英霊”とは日本の軍人や戦没者の事を表しており

靖国神社にはそういった沢山の英霊が祀られてます

そして1978年、この日にA級戦犯である14名を靖国神社で合祀(一緒に祀ること)してしまったのです

そう、靖国神社ではA級戦犯者も一緒に祀られていることになりますね(´-ω-`)

A級戦犯については次で説明します

[icon image=”point-b-r”]
     靖国神社では神様の代わりに軍人や戦没者を“英霊”という名前で祀っています

[icon image=”check-b-r”]
     祀られている“英霊”にはA級戦犯者も含まれています

桜の名所でも知られている靖国神社ですがこういった経緯があったのですね(´・ω・`)

[/titled_box]

[titled_box color=”white” title=”A級戦犯ってなに?”]

靖国神社に合祀されているA級戦犯者

この“A級戦犯”とは

ポツダム宣言後、東京で開かれた裁判(東京裁判)によって有罪判決を受けた人達のことです

戦争で中心にいた人物や思想家などが裁判にかけられ、A級戦犯者以外にも

B級、C級と他にもあります3b0d837f4215e44748d896cb77b78d4519b5a6ce.03.2.9.2

よくある勘違いで

A級やB級など“級”がつけられているので位

や罪の大きさを表しているかのように見え

ますが「罪の内容」に基づいた分類に過ぎ

ないのでA級だから罪が重いといった事はなかったようです 

ちなみにA級戦犯の罪とは「平和に対する罪」という括で表されています[/titled_box]

[titled_box color=”white” title=”靖国問題わかりやすいまとめ”]

では本題に入ります( ^ω^)

皆さんもなんとなくわかるかと思いますが

A級戦犯者が合祀されている靖国神社に首相である総理大臣が参拝に赴く

ということは海外からはあまり良い印象は与えないでしょう(´・ω・`)

特に韓国や中国は敏感に反応しているようです

130727-3

アメリカはこの問題に対して迂闊な行動だと批判し、

安倍首相の靖国参拝は近隣諸国の関係悪化

につながるのではと懸念しています(´-ω-`)

このように少なからず良い印象を与えない

「靖国参拝」ですがこの行動が問題視されるようになったのは昭和60年以降のことです

最初に靖国参拝を批判したのが朝日新聞の記者が「中国、日本的愛国心を問題視」という

AS20131227000251_commL
記事を書いたことが発端のようで、そこから中国が批判

し始めたという意見もあります

実際、歴代の首相は戦後58回の参拝を繰り返し、A級戦

犯が靖国神社に合祀されてからも、20回行ってます

それ以来、参拝するたびに新聞に取り上げられ様々な論議を

巻き起こしてきたわけなんですね(´-ω-`

[icon image=”point-b-r”]
      主に靖国問題を批判しているのは中国側でその意見は

      「A級戦犯者が合祀されている靖国神社に首相である総理大臣が参拝に赴く」

      ことに対して批判的だということ

[icon image=”check-b-r”]
      そもそも昭和六十年前までは靖国参拝しても問題視されていなかった

      その後の新聞による靖国参拝の批判記事を発端に「靖国問題」が浮上し始めた

[/titled_box]

コメント0件

コメントはこちら

*

Return Top