ガンと氷食症の関係 貧血の人は氷が食べたくなる!ガン予防の小さなサイン

 

日本では2人に1人ガンになるといわれています。

医療技術の進歩とともにガンは不治の病から、
治療可能なものへと変わりつつあり、
その為にもガンの早期発見が肝心だといえるでしょう。

ダウンロード

今回このブログでは、
ガンを早期発見するための『体調』に関するポイントをまとめました。

そして、ガンによる体調の変化には

氷食症状(ひょうしょくしょう)】が関わっていることが

あります。

 

最近、妙に氷が食べたいと感じていませんか?

また、氷を極端に食べていませんか?

最近、異常な疲れを感じていませんか?

また、息切れがひどくありませんか?

images

こんな症状当てはまりませんか?

もしかしたら、それは体が出しているガンのサインかもしれません。

上に挙げた症状すべてに言えることは、【氷食症(ひょうしょくしょう)】
関係しています。

では実際に、
【ガン】と【氷食症】の関係をご紹介していきます!

また、「氷を食べる癖を治したい」「氷食症を素早くこっそり解消したい」という方はこちらのサイトもチェックしてみてくださいd

スポンサーリンク

 

ガンと氷食症の関係

 

まずは、ガンと氷食症の関係をご紹介します。

ガンと言ってもその種類は多数あって、
部位によっても体に伴うリスクはバラバラです。

そんな中でガンを発見するポイントとして言われているのが
「貧血」です。

memai01

 

貧血による場合は主に胃がん、大腸がん、子宮がん、膀胱がん
が可能性として挙げられます。

では、何故がんと氷食症が関係しているのでしょうか?

この二つの関係をご紹介する前にまずは
「氷食症」についてお話ししたいと思います。

氷食症とは

 

氷食症とは、
氷を日にたくさん食べてしまう病気です。
(目安は、製氷皿1皿と言われています)

そう、無性に氷が食べたくなる病気なんですね。

images (1)

主に若い女性がなりやすい病気なのですが、
原因としては鉄欠乏が関係しているようです。

口腔内の高い温度を下げるためや、
鉄欠乏の為に嗜好が変わるなど言われていますが
まだ、詳し所はわかっていません。

が、この氷食症は「貧血」が大きな要因として考えられています。

氷食症になると氷を食べるのはもちろん、
体力、記憶力の低下や寝つきの悪さ、食欲の低下
動悸、息切れなどの「鉄欠乏症状」を伴います。

なので、最近妙に氷が食べたくなる、食べている
という方は「氷食症」の可能性があるので、
かかりつけの病院または産婦人科をお勧めします。

体に血が足りない状態(鉄欠乏症貧血)になっている
と氷が食べたくなる!と覚えてもいいかもしれません^^

images (2)

貧血の目安として捉えると良いでしょう。

ではここで氷食症のポイントをまとめてみましょう!

[ad]

ポイント

・氷食症は氷が食べたくなる病気です。

・氷食症の主な原因は鉄欠乏症貧血、つまり貧血が原因です。

・症状は体力、記憶力の低下、寝つきの悪さ、食欲低下、
 動悸、息切れなどの鉄欠乏症状が表れます。

 

ガンでみられる貧血の特徴

 

胃がん、大腸がん、子宮がん、膀胱がんには必ず出血を伴います。

長い期間、体内での出血を繰り返すことによって、
失血性の鉄欠乏性貧血になります。(ようは貧血)

ただ、この貧血の場合は「ただの貧血だな」と思い込んでしまって
鉄剤や食事で改善しようとしてしまうケースが良くあります

ダウンロード (2)

特に、中高年になってからこの貧血症状が出た場合は、
ガンの症状を疑った方が良いでしょう。

なので、「あ、貧血かなぁ」と思ってすぐに市販の鉄剤に頼るのではなく、
しっかりと病院で検査する必要があります。

そう、「何が原因で貧血なっているのか?」がとても大切な
ポイントと言えるでしょう。

ちなみに、ガンによって貧血になることを
「続発性貧血」といいます。

心当たりのある方は、早めの検査をお勧めします。

ガンと氷食症

 

上でご紹介してきたことを踏まえると
ガンと氷食症は関係があるといえますね。

胃がんなどによって体内での出血が長期間続くと
鉄欠乏性貧血となり、体が勝手に氷を欲しがる
「氷食症」となる場合があるのです。

080921ice

この続発性貧血には他にも症状として、
体力、記憶力の低下、食欲低下、寝つきの悪さ
動悸、息切れ、などの症状も合わせて現れます。

どれも貧血に付随して現れる症状なので
見逃しがちですが、これは体が発している
ガンに対する危険信号なのかもしれません。

mark_warning01

では最後に胃がん、大腸がん、子宮がん、膀胱がんのリスクを
下げるための早期発見チェックをしてみましょう。

 

・最近氷が無性に食べたくありませんか?

・製氷皿1皿以上の氷を毎日食べていませんか?

・最近急激に体力の低下を感じていませんか?

・食欲が減ってはいませんか?

・夜寝つけない日が続いていませんか?

・普段の何気ない動きで動悸、息切れしてませんか?

 

これらすべては「氷食症」「鉄欠乏性貧血」、そして「ガン」
の症状と言えます。

「あぁ私貧血なんだわ」と思ってそこの鉄剤を手に取る前に
まずは、その今起こっている貧血の「原因」を調べる方が
先ではないでしょうか?

最近、氷をバリボリ食べてるそんな方
上の貧血症状が出ていなくても「氷食症」の可能性があります。

何らかの原因で「血」が足りてないのかもしれませんよ。

まずは、病院でメディカルチェックを!

illust4087

体が出しているそのサインに気づくか、気づいているけどスルーするのかは
あなた次第です。

「いや、でも私……氷を食べる癖だけ治せればそれでいいんだけど」

「病院とかメンドクサイ^^;」

という方は鉄分を摂る事がオススメです。

なるべく早めにこの症状を改善させたい方は

氷を食べるのが止まらない!氷食症をスッキリ解消する方法!

こちら↑のサイトをチェックしてみてくださいd
(当記事も一部参考にさせていただきました)

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございます!

コメント0件

コメントはこちら

*

Return Top