アピオスの育て方!プランターで苗や種芋の栽培方法を分かりやすく教えます

 

エコの一環として「グリーンカーテン」が流行ってますね^^

普通はヘチマやアサガオのようなつるが伸びるタイプを良く
育てますが、
今回ご紹介する植物はちょっとおしゃれなタイプです。

その名も「アピオス」

images (19)

別名「アメリカホドイモ」とも言い、イモと表記されていますがマメ科の
植物です。

このアピオスは非常に生命力が強く、ぐんぐん成長し、
綺麗な花を咲かせます。

根っこの部分は「塊根(かいこん)」と呼ばれる部分で、
食べることができ花の部分もお茶にすることができます

そんな、すごい可能性を秘めている「アピオス」を
おうちで手軽に、プランターで栽培できちゃうのでその方法をご紹介します。

また、塊根の調理方法やお花のティーアレンジも一緒にご紹介したいと思います。

では早速いってみましょう!

スポンサーリンク

 

アピオスの特徴

 

まずは、最初にこの「アピオス」についてご紹介していきたいと思います。

アピオスはマメ科の植物で、北アメリカ東部原産です。

ツルをのばし、日のある方へぐんぐんと伸びていき、その成長スピードは
凄まじいです!

根っこの部分は塊根(かいこん)と呼ばれ、食べることができます

images (20)

古くからネイティブアメリカンが食用としており、非常に高い栄養価があるので
近年注目の「野菜」でもあります。

また、7月ごろになると美しい紫色の花を咲かせ、
その花はお茶として使うことも出来血糖値の上昇を抑える働きをしてくれます

images (21)

本当にすごい奴なんです!この「アピオス」ってのは!

塊根が食べれるとお話ししましたが、普通のイモの栄養価に比べ

食物繊維: 5倍

エネルギー: 2,5倍

タンパク質: 6倍

鉄分: 4倍

カルシウム: 30倍

 

と、あんな小さな体に栄養素がぎゅぎゅぎゅっと詰まっている訳です。

そんなことから最近ではアピオスの塊根が「あれ?これすごいんじゃね?」
と注目を集め始めているのです!

 

プランターでアピオスを育てよう!

 

ということで実際にアピオスを育ててみましょう!

今回ご紹介する方法はプランター栽培です。

images (22)

プランターなら一人暮らしでも簡単にできますし、
「ちょっとやってみようかな?」と思っている方もこれなら
抵抗なくできるのではないでしょうか?

きちんと植えて、水を撒いていれば勝手にニョキニョキと生えてくるので
栽培のレベルとしてはとっても優しい植物!

ガーデニングに時間をあまりかけられない人にもお勧めなので、
この機会に育ててみてくださいね^^

グリーンカーテンとしての効果が期待できるので日の差し込みが強いところに
プランターを置いておくだけで省エネになります。

では、まず最初に種芋の育て方をご紹介します↓

 

種芋と苗をプランターで育ててみよう!

 

種芋の場合、植える時期は3月が良いです。

発芽に2か月ほどかかるので、グリーンカーテンを目指すのであれば
その時期に植えるのがベストです。

では種芋を植えていきたいと思います。

土作り

 

プランターの大きさは深型65×30×35程度のものを用意します。

ダウンロード (23)

まず始めに、用意したプランターに鉢底石を軽く敷き詰め、その上から
ピートモスを少量混ぜた土を敷いていきます。
(アピオスは水はけのよい酸性土を好みます)

images (23)

アピオスはタフな植物なのであまり肥料を使う必要はありません。

えんどう豆の施肥が参考になると思います。

と、まぁ色々書きましたが正直肥料無くとも元気に育ってくれるので
家庭菜園用の土で十分だと筆者は思います。

植えよう!

 

土をプランターに入れ終えたら、
深さ5cmの所に種芋を20~30cm間隔で種芋を植えていきます。
(2~3球植えられます)

そして軽く土をかぶせて種植えはお終い!

アピオスは乾燥に弱いので土が乾いてきたらこまめに水をあげましょう。

images (24)

発芽にも2か月程度かかるので気長に待ちます^^

芽が出て草丈20cm程度になってきたら、
支柱やネットを張ってツタを伸ばしてあげましょう。

苗を植えよう!

 

苗の場合はすでに20センチほど成長しているのでそのまま
土に植えてあげましょう。

時期としては6月中旬~7月上旬が良いでしょう。

ボリューミーなグリーンカーテンを作りたい場合は6月には植えておきたいですね。

花が咲くよ!

 

7月ごろには綺麗な甘い香りのする花を咲かせてくれます^^

 

この花はそのまま鑑賞して楽しんでも良いのですが、
ある程度見終わったら手積みして取っておいてください。

ハーブティーのようなお茶にすることができるので後程レシピをご紹介します。

アピオスの花には血糖値をおさえる効果があるので生活習慣が気になる方には
オススメなお茶と言えます。

収穫してみよう!

 

塊根の収穫時期は10月~11月が目安です。

ツタが枯れて2週間程すると塊根に甘みが増し、よりおいしく
召し上がれます!

どんな味かというと、ジャガイモより濃厚でサツマイモのような甘みと
栗のようなホクホク感を楽しむことができます。

栄養価が非常に高く、1日に小さいアピオスを4つほど食べればそれでOK
というのですから驚き。

 

では、ここでポイントをまとめてみましょう。

 

ポイント

種芋は3月に植えよう!

苗は6月に植えよう!

土は水はけを良くしよう!

 

美味しいアピオスの食べ方

 

美味しい食べ方は「素揚げ」が一番です。

まずは、泥のついたアピオスをごしごし洗いましょう。

綺麗に洗ったら水気をキッチンペーパーでふき取り、
170度の油へ入れます。

表面からプスプスという音が聞こえてきたら揚げあがりです。

バットに移してお好みで塩こしょうして出来上がり!

ダウンロード (25)

お酒のおつまみや、子供のおやつに最高ですね^^

油が面倒な方は、
耐熱容器にアピオスを入れてその上に湿らしたキッチンペーパーを敷き
電子レンジで1分ほど加熱し、完成です。

収穫の喜びとおいしさを是非味わってください。

 

アピオスティーの作り方

 

7月ごろに花が咲くので手で摘み取ります。

摘み取った花を水につけて汚れを落とします
(この時、虫がいないか良くチェックしてください。)

軽くちゃぷちゃぷと優しく洗ってあげたら、
タオルの上に花を置いて水気を切ります。

ある程度水気がなくなったら1週間風通しの良い日陰で干します。
(100均で日干し用のネットが売ってます。)

乾燥し終わったら、蓋のしっかり締められる瓶に乾燥剤と一緒に入れます。

なるべく10日以内に使い切るようにしましょう。

ティーポットにアピオスの花を適量入れて熱湯を注ぎ、
5分ほど蒸らして出来上がり!

紅茶パックと合わせて使うといいと思います。

アピオスの花には血糖値を抑える効果があるので
気になる方はぜひ作ってみてください^^

 

最後に

 

いかがだったでしょうか?

もうすぐ夏本番!

エアコンもいいけど、その前にできるエコはしておきたいものです。

グリーンカーテンがあれば直射日光を遮るだけでなく、室内温度を1.7度
おさえることができます。

何よりエアコンを使う回数が減れば節電につながります!

そんなグリーンカーテンをアピオスでおしゃれに演出してみるのもありですね。

今回は狭い空間でも栽培が可能なプランターで紹介させていただきました。

是非、このアピオスであっつい夏を乗り切ってみてください。

 

コメント0件

コメントはこちら

*

Return Top