美味しんぼで「鼻血」や「作者」が話題になってるけど・・・ 鼻血の正しい止め方を紹介

 

なんだか最近、美味しんぼ

問題になっているみたいですね^^

 

鼻血が出る描写に対して、福島県民から

「鼻血なんて出たことない」

「風評被害だ!」「マジ勘弁・・・」などの

意見が寄せられているみたいですが、

どこかの大学教授がいうには

「鼻血と放射能の因果関係はありません。

ていうか、鼻血ってたまに出るっしょ^^」

というような意見もあり、真偽はわかりません。

 

まぁ、作者の個人的意見が漫画を通して

いろんな人へ不安をまき散らしている現状は

変わりないわけですが、「どれが正解か」なんて

誰もわかんないですよ。きっと。

 

ただ、筆者が今この記事を見ている人に

声を大にして言いたいことがあります。

それは

 

「鼻血の止血方法が間違っているよ!!!」

 

美味しんぼの問題になっている「鼻血」が描写されている

場面ですが、

005740

はい、完全に処置の仕方が間違っていますね。0点です。

 

山岡士郎さんの体勢だと、処置不足となり十分に出血を

することはできません。

 

そこで今回は、世間で色々言われている「鼻血問題」をすっ飛ばし

違った視点で突っ込みを入れていってみたいと思います。

 

題して

 

「”究極”の鼻血処置!海原雄山も知らない”至高”の処置とは?」

 

ではさっそくいってみましょうd

スポンサーリンク

究極の鼻血処置!

 

究極の鼻血処置ということで、このページでは

鼻血に関する正しい処置の仕方をレクチャーして

行きたいと思います。

 

では早速いってみましょう!

 

まず、最初に突っ込みを入れるところは

山岡士郎の「頭の角度」です。

005740

みなさん、鼻血が出たら顔を上に向けますか?

それとも下に向けますか?

 

多くの人が「上に向ける」を選ぶと思います。

 

しかし、残念!

これは大きな間違いです。

 

顔をやや少し下げる、が正解!

 

はい、実はみなさんがやってしまいがちな

「顔を上げて鼻血を止める」方法は間違いです。

 

「顔をやや少し下げる」正解です。

 

鼻血が床や衣服に付かないように、

顔を上に向けてしまうと血が喉に入ってしまい、

あの嫌な血の味が口いっぱいに広がり最悪です。

さらに、吐き気をもよおしたり気管に入ってしまう

事もあります。

 

鼻血が出たら、平常心を保ちながら

さりげなくティッシュかガーゼを手に取り、

それを適度な大きさに丸めて鼻に詰めましょう。

この時、顔は決して上を向いてはいけません。

血の味がしますよ!

顔はやや下を向きます。

 

そして、次に圧迫をします。

 

鼻をつまむ、という事

 

鼻血における正しい圧迫方法は、

親指と人差し指で少し強めに鼻をつまみます。

 

そのまま5分~10分待てば、やがて止血され

鼻血は止まります。

 

以上が”究極”の鼻血を止血する方法です。

 

では、止血のおさらいをしてみましょう。

 

ポイント1、鼻血が出たら鼻にティッシュを詰めて
        顔はやや下を向く。

 

ポイント2、その体勢のまま、親指と人差し指で
        鼻を5~10分つまむ。

images (2)

以上です!

簡単ですね^^

 

それでも止まらないという人は

耳鼻科へ行ってください。

 

止血はそのまま止めずにお近くの耳鼻科へ

受診してください。

 

最後に

 

いかがだったでしょうか?

これで急に出てくる鼻血にも正しく対処できますね^^

 

まず落ち着いて、確認して、処置をする。

どんな事にもいえる大切なポイントですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント0件

コメントはこちら

*

Return Top